Page Top

一般論から解説いたします。住宅取得の税制上の非課税優遇処置は、住宅を購入時によるものであって、購入後はありません。
購入後は相続としてでは税務上の贈与税が課税されないことはあります。親が65歳以上、子供が20歳以上ならば相続清算課税制度の適用があり2500万円まで無税になります。しかし、この適用を受けると相続時では贈与されたときの金額が相続税の計算に加わるため、総体的な判断が必要になります。
現在、年間110万円までの贈与金なら贈与税も非課税になるため、申告をせずに済みます。年々税制が変わりますので、注意をして情報収集すべきと考えます。
詳細は、私も専門分野でないので、よければ私の知り合いの税理士を御紹介いたします。
きっと、よい解決方法があると考えます。

Q
42

住宅ローン控除について
平成16年度の住宅ローン控除は平成13年度に改正された制度の延長になりました。平成16年12月31日までに入居した場合、住宅借入金額残高の5000万まで所得税から控除されることになります。
・一律1.0%
・控除期間は10年間
・控除最高金額500万
・床面積50u、所得金額が3000万を超えると控除は受けられない
・平成14年より地震に対する一定基準に適合されるための修繕、模様替えがつけ加えられました。
平成17年度からは、借入金残高が4000万に下がり一律1.0%が8年目までになり、9・10年目は0.5%になる予定です。
実際、住宅ローン控除は所得税から控除されるものであり、所得金額から差し引かれる金額ではありません。一般的には年末調整時の還付金が少し増える程度と考えておきましよう。

1)表示登記・・・・建物が完成すると、建物の所在地番、構造、床面積などを特定する登記
2)所有権移転登記 ・・・・不動産を売買したとき所有権売主から買主へ移転することを所有権移転登記と言います。この登記をすることで、買主は第三者に対して所有権を主張できる要件を備えることになります。
3)抵当権設定登記・・・・抵当権とは、住宅購入のための貸付金のように、貸付金額が記定している債権のことで、この権利の登記を抵当権設定登記といいます。
公的融資の種類
共有名義のメリットはどのようなことか?
37
34
公的融資にはどのようなものがありますか?
33

住宅を購入の際、融資のことでお聞きしたいのですが、ロードヒーティング
など市からの融資斡旋があると聞くのですが、そのほかにどのような融資斡旋があるのですか?できれば活用したいのですがどうすればよいのですか?

登記の種類と内容を教えてください。
43
35
Q
Q

「住宅取得等特別控除」が、ご夫婦それぞれで受けられる。
(最高で2倍受けられる
)財産分散する事により相続税について有利になる。
共有名義しするにあたっては、贈与税の課税に気をつける必要があります。
無収入の配偶者が共有名義人になった場合は、贈与とみなされ贈与税が課税されます。夫婦共に収入がある場合でも、特別割合によっては贈与と見なされる場合もあります。
贈与とみなされないためには特別割合いをそれぞれ出した購入代金の割合いを決めることです。
さらに土地建物を共有名義にすることで、住宅取得特別控除、居住用財産を譲渡した場合の3000万円特別控除、居住用財産の買い換え及び鋼管の特例は土地のみ所有の場合は適用はありません。
土地を夫名義とした場合には、夫はこれらの特例の適用をうけることができなくなります

銀行などの民間融資を使うことになります。公的融資に比べ条件は悪くなります。公的融資を受けられない場合や融資の不足分を補うために利用します。都市銀行・地方銀行・信託銀行・長期信用銀行・信用金庫・信用組合・農協労働金庫・生命保険会社・勤務先の社内融資制度等があります。
以前は、公的資金中心とした計画が一般的でしたが、平成6年の住宅ローンの規制緩和によって大幅な商品改正があり、多種多様の融資商品がでてきました。
社内融資(勤務先など)と積立てによる財形融資は利率が低く公的資金より有利になる場合がありますので、活用すべきと考えます。 
住宅の助成金制度(融資斡旋)について(札幌市)
47

住宅金融公庫 :面積、構造等により融資額が異なります。土地取得に対する融資もあります。
財形住宅融資 :財形貯蓄を行っている勤労者に融資するもので、他の建設融資と併せて建設費の80% 以内を上限に融資されます。(詳細は省きます)                      年金住宅融資 :厚生年金等の各種年金制度の加入者に融資するものです。他の公的融資と併せて建設費の80%以内を上限に融資されます。(詳細は省きます)                
地方公共団体融資:地方自治体(都道府県、市町村)により条件が異なります
です。  

Q
Q
工事費以外の費用の違い

住宅を3年前に購入しました。できれば繰上げ返済(住宅ローン)をするため親からの贈与金で充当したいのですが、税制はどうなるのですか?税の相談室にも一度尋ねたのですが、多方面の方々のお話をお聞きしたく、相談させていただきます(メール内容を簡略)

Q
Q
44
建築条件付と土地からの購入住宅の融資
財形転貸ローンについて

公庫の新築だけに関して説明いたします。
融資対象になる住宅部分の床面積は、新築住宅で80u以上280u以下にしてあります。建築基準法と公庫の住宅部分の床面積が少々異なる場合がありますので注意してください。融資内容については、公庫等のHpで確認できます。

Q

平成16年度の公庫は1年を通じて融資の申し込みができるようになりました。
その他、定期借地つき住宅の融資改善、民間金融から受けられなかった人の融資上限の特例など特典が多いのが特徴です。2005年末廃止になりますが、国土交通省は、長期固定化ローンを維持する新法案を固め、民間金融機関が実施する借り入れ期間の長いローンを公庫の業務を引き継ぐ新法人の設立が2006年から始まります。
実際2003年度から証券化による公庫との提携がはじまり、公庫と民間融資の併用を公庫で融資を始めております。私自身の主観では、やはり民間がはいると、今まで借入れ可能の人が不可能になる割合が多くなる気がします。今後注意しながら判断する必要があります。

今後公庫はどのように変わっていくのですか?
Q
40
公的資金から考えるのが基本だと思います。
(公庫は2005年廃止です)
今後の状況から考えると長期金利の上昇が明らかになってくると、長期金利は住宅ローンに影響するのは明らかです。金利上昇しつつある時期に固定金利を借りる方が、変動のようにあがる心配がありません。時期の見極めが大事だと考えます。
金利の上昇局面では固定金利、金利の下降局面では変動金利が有利ですが、この局面の時期がわからない場合が多いのは当然です。私も正確にはわかりません。
公庫資金の借り入れの時、私は10年までは借換をしないで11年目のとき借り換えすることを、お客様に話します。現在、新築してから2、3年で借換えする人は少ないと思います。(よほど金利差がない限り)やはり金利水準に敏感になり、各銀行等(最近は信金も長期固定で低価格ローンがある)の特典を生かし、総金額(金利を含めた)で考えましょう。

Q
税金の軽減措置は住宅にはどのようなことがあるのか
Q
38
新築時にはどのような税金がかかるのでしょうか?
Q
36

契約内容により異なります。工事中に変更が生じた場合、増額分については減額分がない限り、追加請求されます。また、融資等の申し込みを施工店に任せた場合、事務代行料や、工事請負契約の 印紙代、登記料など引き渡す時に清算になる場合が多いため、契約前に、諸費用の説明を受け、施工店によって違いがあり、見積書・契約書類にはよく目を通し、建物が契約内容通りであるか確かめておく必要があります。

 

マイホームの取得にあたって、「無理のない資金計画」は住宅ローンを組む前に、頭金はいくらあるのか、毎月無理なく返済できる金額はいくらなのか、いつローンを払い終えるのか冷静に判断する必要があります。
無理なく返済できる金額の目安として「年収負担率」というものがあります。年収(税引き後、手取り額)に占める返済金の割合のことをいいますが、一般的に年収負担率が25%程度ならば、無理なく返済できる金額といわれています。
しかし現在の経済情勢を考えると、不測の事態が起きて年収が下がった場合でも対処できるように、年収負担率を20%程度以下に抑えておく。利率できまる。総額を検討することです

地主の承諾書が必要になります。公庫では、借地の場合、地主からの抵当権を設定することに承諾が得られなければ抵当権の設定は免除されます。
民間資金では、金融機関によって一定してませんが、原則的には土地建物ともに抵当権を設定いたします。公庫の借り入れ金額については、諸条件がわかれば資金繰りができます。公庫に問い合わせるのも早道です。
特に、定期借地なのか・使用貸借なのか、地主さんとの承諾に関する問題点などと、住宅新築時の予定予算がわかれば、より詳細に解説できます。

Q
Q

札幌市の住宅の斡旋融資制度として考えますと、現在いくつかの工事により無利子融資斡旋をしています。(金利は自治体で負担)
対象工事として、高齢者・障害のある方を良好にする目的で行う工事で、バリアフリー工事・対応設備工事・無落雪屋根等の改造工事・断熱化・安全性を高める工事(耐震工事等、詳細は省きます)については、新築・全面改築を除くリフォーム工事において、融資条件に適合すれば最大400万円までの融資可能です。
又、環境保全融資斡旋としては、新エネルギー利用設備(太陽光発電・天然ガスエンジン給湯器・熱地中ヒートポンプの設備など)と、浄化槽設備・低公害車など条件適合により最大200万円まで融資が可能です
融雪施設資金として、ロードヒーティング・融雪槽・融雪機において最大300万円まで融資が可能です。
各自治体により多少の違いがありますが、活用できるもの
直接自治体に尋ねて詳細を聞き検討しましょう。

財形貯蓄金額の10倍までです。
詳しいことは、銀行にお尋ね下さい

住宅を購入後、親からの贈与金は課税されるのか?
46
Q
新築住宅を計画中ですが規模の大きい住宅は公的資金の借入れができるでしょうか?
41
39
住宅ローンの選択
Q
32
Q
45
敷地が借地だと住宅資金の借り入れは
不動産業者、ハウスメーカー、工務店それぞれ形式的に違いはあります。注文住宅での土地からの融資では、基本的に建物との融資条件が厳しくなります。
条件はありますが、一般的には建売形式の住宅は、土地と建物の合計金額の80%は基本的に借り入れの可能になります。
近年、融資方法が多様にありますので、施工業者、銀行に確認のうえ資金繰りをするべきです。
商売関係でなければ、住宅は公的融資が基本と思います
資金繰りは、支払い利子を含めた総額で検討するようおすすめします。
Q
資金繰りの注意点
Top page
お問い合わせ
住空間お手伝いいたします
建築相談  Answer


初回メール相談の中から抜粋した相談解説です

建築資金